皮下脂肪 落とす 漢方薬

皮下脂肪を落とす!漢方薬ランキング!【口コミ】も掲載

皮下脂肪を落とす!漢方薬ランキング!【口コミ】も掲載

 

皮下脂肪を落とす漢方薬と言うと、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)などが挙げられます。

 

これらの漢方薬の簡単な違いと、おすすめの漢方薬について簡単にお話しします。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)... 皮下脂肪を落とす漢方といえば医師でも真っ先に思い浮かべるのがこの防風通聖散です。有名な製薬会社からも色々な商品が出されており、商品数も多いので、通常ではこちらがおすすめです。

 

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)... こちらは皮下脂肪を落とす効果というよりは、体内の水分の流れを正しくし、むくみを軽減します。筋肉がなく、むくみのように水が溜まって太っている方におすすめです。

 

大柴胡湯(だいさいことう)... 胸や脇腹の圧迫感を解消してくれたり、体の熱や炎症を鎮めます。ストレス性の肥満におすすめで、脂肪を落とす効果もありますが防風通聖散に比べるとややサブ的な効果です。

 

九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)...こちらも余分なものを出して、皮下脂肪を落とすという効果が認められている漢方薬。防風通聖散に比べると生薬が少なく効果としてはやや弱く、知名度も低いです。

 

 

以上のように、皮下脂肪を落とす効果を最大限得たいのであれば、防風通聖散をおすすめします。ただし、有名な漢方薬であるため、各メーカーがそれぞれ色々な防風通聖散を販売しています。次に防風通聖散の選び方を紹介します。

 

 

3つのポイントに注目して防風通聖散を比較しよう

せっかく防風通聖散を使うなら、自分に合った効果の高いものを使いたい!というのは当然だと思います。

 

しかし、何に注目して選べばよいのか…と悩んでしまう人も少なくないのでは?
そこで、比較の際に注目すべき3つのポイントをまとめてみました。

 

ただ、最初に知っておいていただきたいのは、生薬は同じ防風通聖散のレシピを利用しているのでそんなに大きな違いはなく、間違えた選択をしないか心配になる必要は全くありません。

 

今回まとめた比較のポイントも、コスパや飲む量など、効果が大きく変わるポイントというものは基本的にはありません。少なくともここで紹介しているものについては、どれを選んでも効果には、ほとんど差はありません。

 

それでは、どんなことに注目すればいいのかをまとめていきたいと思います。

 

 

注目すべき“量”は処方量と原生薬量

サプリであれば成分量はチェックポイントなのですが、漢方薬については同じように成分量をチェックするだけではいけません。

 

例を挙げると、有効成分が○○g!という表記があったとします。
このとき、有効成分が多い方がいい!と多くの人が思ってしまうかもしれません。

 

しかし、この有効成分量のなかには添加物も含まれているんです!
漢方薬では材料の量である原生薬量やその漢方薬をどれだけ入れるかという処方量が重要になってくるのです。

 

そもそも漢方薬は配合のバランスはそれぞれで決まっているので、そのバランスでどれだけの量を処方しているのかに注目しなければならないんです。

 

特に1/2処方と呼ばれる1日分の半分の量が配合されているのか、満了処方と呼ばれる1日分の量が配合されているのか、といった1日分の量に対する割合に注目してみるのもいいかもしれません。

 

有効成分量や処方量、原生薬量がこんがらがってしまわないように、まとめておきます。

 

 

原生薬量…原材料がどれだけ使われているか
有効成分量…加工されてできた漢方薬(添加物を含む)の中の有効成分
処方量…漢方薬の量

 

 

続けられなきゃ意味がない!価格に注目

痩せるまである程度の時間はかかるはずなので、コスパは非常に重要です。
どんなに効果が高くても、価格が高すぎるとなかなか購入できませんし、無理に購入しても続けられません。

 

価格が安いことは大切なチェックポイントです。

 

サプリの価格を比べるときには1日当たりで計算して、毎日その価格を払い続けることができるのかをよく考えましょう。

 

また、初回購入で値段が安くなるかも確認して、総合的にどこが一番安いのかを調べることも忘れないようにしましょう。

 

 

飲みやすさだけでなく効果にも影響する粒のタイプ

飲みやすさで選んでも構いませんが、少しでも効果をあげたいというのであれば、顆粒タイプの防風通聖散を選んだほうが吸収率は良いので、どちらかと言うと顆粒タイプがおすすめです

 

 

実際に比較してみよう!どの防風通聖散がおすすめなの?

 

商品名 販売元 価格 入り数 1日当たり 有効成分量 原生薬量 処方量 形状
防風通聖散エキス顆粒 ツムラ 5,500円 64包(32日分) 96円 3750mg 2250mg 1/2処方 顆粒
コッコアポEX クラシエ 4,000円 312錠(26日分) 153円 3420mg 1587mg 3/5処方 錠剤
防風通聖散料エキス錠「至聖」 北日本製薬 4,800円 396錠(22日分) 218円 6000mg 2720mg 満量処方 錠剤
ナイシトールZ 小林製薬 6,000円 315錠(21日分) 285円 5000mg 2710mg 満量処方 錠剤
新・ロート防風通聖散錠満量 ロート製薬 5,300円 264粒(22日分) 240円 5000mg 2720mg 満量処方 錠剤
生漢煎防風通聖散 アイン製薬 3,900円(初回)
5,900円
90包(30日分) 130円(初回)
196円(定期)
4500mg 2710mg 満量処方 顆粒

 

先ほどまとめたチェックポイントに基づいて比較の表を作ってみました。
ただ、一つの会社が多くの防風通聖散の商品を販売している場合、最もおすすめされている商品をピックアップして比べてみました。

 

※比較自体は15個の主要製品で行ったのですが、満量処方のものが少なすぎたため、参考程度に有名商品も加えました。
最もおすすめのものは、ずばり、生漢煎防風通聖散です。
先ほどの3つのポイント、コスパ、満了処方、顆粒はすべて満たしていますので、100点といってもいいかもしれませんね。

 

他におすすめなものは新・ロート防風通聖散錠満量ですが、コスパが少し悪いです。
110円も1日当たりの価格が違ってしまうとなかなか購入する気になれないかもしれません。

 

新・ロート防風通聖散錠満量の原生薬量を見てみると2720rとなっています。
これは満量よりも10r多く、どうして10r多くしたのか薬剤師さんに聞いてみても、わからないとのことでした。意味もなく量を増やされても困ってしまいますね…。

 

生漢煎の防風通聖散の【初回半額】キャンペーンはこちら

 

 

販売元である製薬会社に注目してみると、生漢煎という名前はなかなか聞いたことがないかもしれません。
確かに、製薬会社としては小林製薬やツムラの方が良く名前を聞くと思います。

 

しかし、アイン製薬という、多くのドラッグストアや調剤薬局を展開している製薬会社が出しているので信頼性は非常に高いですし、防風通聖散の利用者にとっては生漢煎の防風通聖散の方が好まれており、こちらの方がお勧めです。

 

また、コストなど以外にも、顆粒タイプというのも生漢煎防風通聖散の魅力です。
粒タイプの多くの商品では、瓶の中にまとめて入っていて、そういう商品だと持ち運ぶときに瓶ごと持ち運んだり、いちいち取り出して別の容器に入れたりする必要があります。
また、一つ取り出すために他の粒まで外気にさらさなければならないんです。
その点1包ごとに分けられている顆粒タイプであれば、必要な分だけ持ち運ぶことができますし、1回分を使うときに他を外気にさらすこともありません。

 

吸収効率だけでなく便利さや衛生面でも顆粒タイプの方が優れているんですね。

 

いろんな面で優れている生漢煎の防風通聖散ですが、いくつかのデメリットもありますのでまとめておきます。

 

まず、コスト面なのですが、通常の購入では196円で、初回限定の価格で計算すると130円という価格になります。
通常価格でもコスパは優れているのですが、一応注意しておきましょう。

 

漢方独特の味が顆粒タイプのせいで目立ってしまう、というのもデメリットです。
ただ、漢方を利用する以上粒タイプでも漢方の味は感じるので、どうしても漢方が苦手なのであれば、他のものを利用するしかないと思います。

 

デメリットといっても、基本的には他の商品より優れているので、そんなに気にしないでいいかもしれませんね。

 

生漢煎の防風通聖散の【初回半額】キャンペーンはこちら

 

 

どんな効果が防風通聖散にはあるのか

そもそも、防風通聖散って何なのでしょうか?

 

漢方はいくつかの生薬を配合して作るのですが、防風通聖散はその配合後の漢方薬のことで、商品名ではありません。

 

高血圧や肥満に伴う動悸、肩こり、のぼせ、むくみ、便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹、皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
等への効果が第2類医薬品として認められています。ただ、一般的に良く利用される目的は便秘解消や脂肪燃焼なので、それらの効果を覚えておいて、他にも嬉しい効果がある、程度に考えていればいいと思います。

 

特にダイエット効果については非常に高く、病院でも処方されるほどです。

 

運動や食事制限などに挫折した人や、そういったことをあまりしたくない人でも効果が期待できるので注目を集めているんです。
第2類医薬品として効果を認められているくらいなんで、使いたくなる人が多いのも納得ですね。

 

 

いつ、どのくらい飲めばいい?

せっかく飲むなら、少しでも効果の高い飲み方を実践したいものですよね。
防風通聖散を飲むときに覚えておいてほしいことをまとめてみましたので、チェックしてみてください。

 

まず、飲むタイミングですが、食事をとる30分から1時間前に飲むのがおすすめです。
理由はおなかの中に他のものがないので、防風通聖散をしっかり吸収することができるからです。
余計なものがあると防風通聖散が吸収されにくくなってしまうんですね。

 

また、飲むときはきちんと目安量を守るようにしましょう。
早く痩せたい!という気持ちから、目安量以上に飲んでしまうこともあるようですが、目安量以上に飲んでしまうと下痢や腹痛などの原因となってしまいますし、効果が上がることはありません。
きちんと量を守ったほうが効果は出ますし、副作用の心配もなく安心です。

 

人によっては漢方が合わず、きちんと目安量を守っていても下痢などになってしまうことがあるかもしれません。
その場合、服用はやめましょう。無理して服用しても辛いだけなので、自分に合っていないと思ったらやめることも大切です。

 

当サイトおすすめの防風通聖散【初回半額キャンペーン】はこちら

 

 

おすすめの防風通聖散で効率よくダイエット

ダイエットをしたい!と思っている人は老若男女問わずたくさんいらっしゃると思います。

 

ダイエットといえば、運動や食事制限といったことがすぐに思いつきますが、すぐに行動に移すのはなかなか難しいですよね。
特に年齢を重ねていると運動で体を痛めてしまう可能性もありますし…。

 

かといって肥満を放っておくと多くの病気の原因となってしまい、命を落とすことにもなりかねません。

 

そんな時におすすめなのが、防風通聖散です。
防風通聖散であれば、体の中の環境を改善し、体内から老廃物を取り除き、脂肪の燃焼を促します。

 

ぜひここでの比較を参考にして、自分にぴったりの防風通聖散を探してみてください。

 

皮下脂肪を落とす!漢方薬ランキング!【口コミ】も掲載
⇒生漢煎防風通聖散の【初回半額】キャンペーンはこちら

 

page top